国際料理教室 〜韓国編〜
キムチ料理講習会

 寒さ厳しい大寒の一日、キムチ料理講習会が行われました。講師は以前語学クラブでお世話になっていた韓国語講師の金 鳳貴(キム ボングイ)先生です。
 募集人数いっぱいの30人が集まり、皆さんキムチの作り方に興味津々です。「キムチが好きだけど買ってばかりなので、自分の味に合わせて作りたい」「主人が韓国出身なので、本場直伝のキムチを作って食べてもらいたい」「自家菜園で白菜をたくさん作っているので、それの有効利用のためにキムチ作りに挑戦したい」「キムチ好きの奥さんに頼まれてきた」などいろいろ々です。
 キムチの素は魚エキスや塩辛エビなどの旨味に、大根、ニラ、たまねぎなど野菜もたっぷり混ぜ込み、真っ赤な唐辛子粉、ニンニク、生姜も入りこれぞ韓国の味、元気の源のようです。参加者はのみ込みも早く、前日から先生とスタッフが塩漬けにしておいた白菜に一枚ずつキムチの素を塗り込んでいきます。韓国伝統の味で化学的な混ぜ物は一切なし、値打ちありの白菜キムチの完成です。各自ポリ袋に入れて大事に一株ずつお持ち帰りしました。食べごろは3~4日あとからとのことで、試食しましたらすごくフレッシュで若々しいキムチでした。
 お昼のためにもう一品鍋料理も作りました。プデチゲ(部隊鍋)と言って、朝鮮戦争の時にアメリカからきた国連部隊が持ち込んだ、ハムやウインナーソーセージなどを利用して、酸味のでたキムチを使い鍋にしたものが今に伝わったそうです。鍋の中はインターナショナルで、キムチ、ハム、ウインナーソーセージ、チーズ、スパム、ひき肉、野菜と色とりどりです。
 今日初めて出会った参加者たちも、アツアツ鍋を食べて体がポカポカ、ほっこりするころには和気あいあいです。韓国のコーヒーも甘くてマイルドでキムチの後にはぴったりでした
チョンマル マシセヨ(めっちゃ おいしい!)
前日の下ごしらえは大変でしたが、大盛況のうちに終わりました。 



びょうき、しゅっさん、こそだて、がっこう、てつづき



年会費

■個人会員
 ・一般:2,000円
 ・学生(高校生を除く):1,000円
■高校生:無料
■家族会員  3,000円
■団体会員 10,000円

河内長野市国際交流協会

〒586−0025
河内長野市昭栄町7−1
市民交流センター(KICCS)3階
Tel: 0721-54-0002
Fax: 0721-54-0004
Mail: office@kifa-web.jp