新型コロナウィルス 〜アメリカの事情〜

  • 姉妹都市、アメリカ インディアナ州カーメルの学生がリポートを寄せてくれました。
  • アメリカでコロナウィルス感染が広がる少し前の状況です。(原文は後半にあります)
  •   

 コロナウィルスの中心的発生地、武漢では、当局は3月末までには新たな発症はゼロになるだろうと予測しています。市中ではようやく新規発症者数が減少に転じ、当局は楽観的な予想を立てています。武漢に近い赤壁市では、交通規制ブロックが近々取り除かれ、平常化への最初のサインとなるでしょう。
  しかしながら、中国での事態改善があるものの、韓国、イタリア、イランなど他の多くの地では、ウィルスの感染拡大を止めようとする努力にも関わらず、発症が増加し続けるという心配すべき状況が見られます。すでに何百もの大きなイベントが中止となり、金融市場は世界中で変動しています。アメリカ国内でも、ワシントン以外での最初のコロナウィルス死者がカリフォルニア州で出たため、州の非常事態宣言が出されました。
  このような健康への影響を超えて、コロナウィルスは、アジア諸国出身者に対する人種差別の引き金にもなっています。カリフォルニアでは感染拡大防止のためにアジア系アメリカのビジネスは避けるべきだという偽のチラシが住民にまかれました。ロサンジェルスのアジア系中学生はウィルスを持っていると疑われて襲われ怪我をし、入院することになりました。潜在する偏見と新ウィルスが相まって、アジア系アメリカ人はウィルスを持っていそうだという恐怖を生み出しています。人に話しかける時にマスクをしている事がそういう気持ちに火をつけ、咳や鼻をすする行為が恐怖を引き起こしています。
  残念ながら、この外国人に対する嫌悪感というのは新しいものではありません――歴史は病気の爆発的流行がしばしばヒステリックな感情や恐怖心を広めると示しています。南カリフォルニア大学のナタリア・モリナ教授によれば、人間は窮地に陥った時には、人種をもとに対応・対処の仕方を形作ろうとする傾向にあるため、パンデミックは人種運動に利用されやすいとのことです。社会における殆どの事柄はすでに人種的レンズを通して対処されているアメリカで、人々がウィルスに対しても人種のレンズで見ようとするのは、驚くことではありません。
  今このときこそ、ウィルス感染拡大を防ぐために結束し、お互いを支え合うために人種の違いを乗り越えることが重要です。外国人嫌悪の只中にいながら、数え切れないほどの人々がこの偏見と地道に戦っているのはそのためです。カリフォルニア当局はヘイト・クライムを積極的に阻止しようとして、これらのクライムを通報するホットラインを準備しました。ソーシャルメディアも人種差別やヘイト・クライムを助長しないよう努力しています。

 河内長野との結びつきについては言葉では表せないほど嬉しく思っています。当局の方たちがウィルスの広がりを阻止すべく戦っている時に、私達は互いの結びつきを強めこのパンデミックに結束して立ち上がります。河内長野やウィルス被害にあっているどんな場所にも支援を差し伸べ、すべての人々が健康で安全で過ごせますようにと願っています。

2020年3月5日 

Hannah Liu (カーメルの高校生)
インディアナ州カーメル
 USA

     In Wuhan, the epicenter of the COVID-19 coronavirus outbreak, officials are predicting that new cases will likely drop to zero by the end of March. The city finally saw a decline in the number of new cases, and officials are optimistic in their predictions. In Chibi, a city close to Wuhan, traffic blocks are soon to be removed, the first sign that things might be returning to normal soon.
     However, with this improvement in China, many other places are seeing a concerning increase in outbreaks, with countries like South Korea, Italy, and Iran intensifying efforts to halt the spread of the virus. Already hundreds of major events have been cancelled, and financial markets are fluctuating wildly. Across the coast in the United States, a statewide emergency was declared in California as the first coronavirus fatality outside of Washington was discovered.
     Beyond these physical ramifications, the coronavirus has also sparked a wave of racism against people from Asian countries. In California, fake flyers were posted telling residents to avoid Asian-American businesses because of the outbreak. A Los Angeles middle schooler was assaulted and hospitalized after people suspected he was carrying the virus. Existing prejudice, along with news of the virus, has created fears that Asian-Americans are more likely to be virus carriers. Hygienic masks have become common triggers, with people being accosted for wearing them; even coughs and sniffles can provoke fear.
     Unfortunately, this rise in xenophobia is nothing new - history has shown that pandemics are often surrounded by outbursts of hysteria and fear-mongering. According to Natalia Molina, a professor at the University of Southern California, pandemics often lend themselves to exploitation by racial movements because humans tend to use race as an organizing principle to shape how we process and frame negative situations. Most things in society are already processed through the lens of race, and so it’s not a surprise that people are viewing the virus through the lens of race as well.
     In this time, it’s more important than ever to be united in fighting the spread of the virus, and to look past these racial differences to support one another. That’s why in the midst of the xenophobic behavior of many people, countless others have been steadily fighting this injustice. Officials in California have been aggressively trying to prevent hate crimes, going as far as to set up a special hotline to report these crimes to. Even large social media companies such as TikTok avoid fueling racism and hate.
     We are more grateful than words can express for our ties with Kawachinagano; as officials work to fight back the spread of the virus, we can work to strengthen our bonds and stand in unity against this pandemic. We offer our support to the citizens of Kawachinagano, and anywhere else impacted by the virus, and it is our hope that everyone can stay healthy and safe in the next few months.

by Hannah Liu



びょうき、しゅっさん、こそだて、がっこう、てつづき



年会費

■個人会員
 ・一般:2,000円
 ・学生(高校生を除く):1,000円
■高校生:無料
■家族会員  3,000円
■団体会員 10,000円

河内長野市国際交流協会

〒586−0025
河内長野市昭栄町7−1
市民交流センター(KICCS)3階
Tel: 0721-54-0002
Fax: 0721-54-0004
Mail: office@kifa-web.jp