多文化の部屋 〜インドネシア〜

「日本文化に浸り、日本人のお友達になります」

2020年11月7日 市民交流センター 中会議室

  
 インドネシアから来日されて十数年、領事館にお勤めのラリータさんにお話を伺いました。日本育ちの息子さんがお母さんをフォローしてくださいました。話題はジャパン・ショック。カルチャーショックの日本版です。
 
 ショック#1 とにかく物価が高い!  
 商店街の食べ物、服、切符まで、何でも高い。インドネシアの友達が日本に来て買い物に行ったが、あまりに高くて、何も買わずに帰ってきてしまったそうです。たとえば、日本で、野菜、果物、魚、おやつを買うと4000円くらいかかるが、それだけのお金があれば、インドネシアでは山のような食べ物が買える。ただし、スターバックスのコーヒーは日本とジャカルタでほぼ同じ。スタバのコーヒーは高級品?通貨の換算レートはだいたい1円=100ルピア。ジャカルタに進出している吉野家のメニューは、39,000ルピア位からなので、こちらもほぼ一緒です。ちなみに、大学新卒者のインドネシア人の1ヶ月の給料は日本円にして28,000円程度で、日本と比較して生活用品の物価は非常に安いそうです。
 ショック#2 温泉で素っ裸! 
 インドネシアの友達が温泉に行きたいというので、愛媛県松山市の道後温泉に行ったとき、みんなが素っ裸になるのにショック。日本古来の服装では肌はあまり見せないのに、なぜか温泉などでは他の人がいても、みんな脱いでしまう日本人。そう言われれば、ショックですね。海外では温泉などに入るときには、基本は水着を着ますものね。
 ショック#3 寒い!
 日本はどこに行っても寒い。家の中も寒い。いつも靴下、手袋、そして服も何枚も着なくてはいけない。インドネシアでは、重ね着することは殆どないそうです。ゴミ出しするのにもジャケットを着ないといけない、と言うとインドネシアの人は信じてくれないそうです。インドネシアでは、高い山に行くときだけジャケット。逆に、オランダなどでの栽培が特に有名なチューリップは気候が暑いインドネシアでは育たないので、日本にいる今は、家で育てているそうです。また、寒いけれどインドネシアでは見られない美しい冬景色に誘われて、冬は金剛山に行かれるそうです。

 他にもラリータさんにとってはショックな事が色々あったようです。そっくりな食品サンプルや、ハイテクなトイレ、きれいな和菓子。その中で印象的だったのが「葉っぱ」のお話。子どもの頃、絵の時間に葉っぱに色を塗っていましたが、嬉しくて赤や黄色などの色に楽しく塗っていたそうです。そうしたら、先生に「葉っぱは緑です!」と厳しく怒られたとか。日本に来て、秋の紅葉を見たとき、その先生を日本につれてきて見せてあげたかったと話されていました。また、お父様は第2次世界対戦時の日本の統治下時代を経験され、少し日本語ができたそうですが、桜の花を見たいとおっしゃっていたそうです。今、河内長野の自宅では桜を育てていて、はじめは虫に食われてなかなか花が咲かなかったが、最近は毎年きれいな花をつけてくれるそうです。桜の花はとてもきれいで、日本人が桜を愛する気持ちが分かりますともおっしゃっていました。

 お話のあとで参加者からの質問に答えていただきました。

◎領事館ではどんなお仕事を?
〜領事館はインドネシア人のためのパスポート、結婚届、出生届、日本人へのビザ発給などの業務をしますが、私は経理担当なので窓口ではなくバックオフィスで一日中お金のことをしています。
◎日本に来られたきっかけは?
〜日本の教育はベストです。家族、子どものために日本に来たいと思っていたら、たまたま領事館のスタッフに空きが出たので日本に来ました。
 また、日本はどこに行っても清潔できれいですとおっしゃるラリータさんに、
◎インドネシアではゴミはどうしますか?
〜インドネシアでも自分でゴミは持ち帰りますが、日本ほどきれいではありません。清掃の人はたくさんいますが、なぜかきれいではありません。

 「私は日本に来て色々のことを学びました。だから日本にいる私に何ができるのかを想い、何かしたいと思っています。」と、日本とインドネシアの架け橋となって、両国の文化の紹介を活動の一端とされています。「日本では、子どもが幼稚園の時から色々お世話になったので、私はインドネシアを愛しているように日本も愛しています。」

 お話のあと、参加者全員がインドネシアの楽器アンクルンをひとつずつ持って、演奏方法を教えていただきながら、「ふるさと」のメロディーを奏でました。インドネシアと日本の2つの文化が融合したひとときでした。




びょうき、しゅっさん、こそだて、がっこう、てつづき



年会費

■個人会員
 ・一般:2,000円
 ・学生(高校生を除く):1,000円
■高校生:無料
■家族会員  3,000円
■団体会員 10,000円

河内長野市国際交流協会

〒586−0025
河内長野市昭栄町7−1
市民交流センター(KICCS)3階
Tel: 0721-54-0002
Fax: 0721-54-0004
Mail: office@kifa-web.jp