コンニチハ!日本語サロンです

KIFAリポート104号掲載 (2018年1月発行)

初めて小学生に触れて
ユーエン・ニューエンさん(カナダ)

 みなさん、こんにちは。私の名前はEwenです。私はベトナムの両親から、カナダで生まれそだちました。2013年の6月から、河内長野市に住んでいます。
 日本にきてから、大人、高校生、中学生に英語を教えました。そして2016年の5月から、私は小学生を教えることになりました。今日は、小学生たちについて、私が気づいたいくつかの面白い話をしようと思います。
 まず、小学校では、生徒たちは多くの責任や必要な役割が与えられていることに気づきました。6年生のような年上の生徒が、1年生の面倒をみて、一緒に遊んであげていることは、私にとって今年の新たな発見でした。
 二つ目は、私はクラスのとても強い団結力に気づきました。生徒たちは、お互いにはげましあって、弱い生徒をサポートしています。クラスがさわがしくなると、一人か何人かの生徒が「しずかに!!」と言いますから、先生がそうする必要がないのです。
 最後に、たぶん一番あきらかなことですが、小学生はかわいいです。答えようとするのですが、いざ立ちあがると「わすれました。」と言います。
 それから、彼らは本当にジャンケンが好きです。個人的には、まぁまぁなんですが、1年生と2年生は英語のジャンケンだけで、一回の授業を過ごすことができます。Rock, scissors, paper, 123! Yaaaay! Rock, scissors, paper, 123! Yaaaaaay!
 どうでしょうか。彼らがおどろくべき責任をあたえられていること、強い団結力をもっていること、そして彼らがおこなうことのほとんどすべては、なんらかのかたちでかわいいことを、私は一年間の小学校勤務で私は学びました。とてもいい経験ができたと思います。



びょうき、しゅっさん、こそだて、がっこう、てつづき



年会費

■個人会員
 ・一般:2,000円
 ・学生(高校生を除く):1,000円
■高校生:無料
■家族会員  3,000円
■団体会員 10,000円

河内長野市国際交流協会

〒586−0025
河内長野市昭栄町7−1
市民交流センター(KICCS)3階
Tel: 0721-54-0002
Fax: 0721-54-0004
Mail: office@kifa-web.jp