2019年12月1日(日)市民交流センター 3階・4階

 二回目を迎える「World  Potluck 世界ごった煮」、今年は晴天にも恵まれ、前回を越える836人の入場者を迎え、沢山の外国の方も参加してくれました。
 前日の11月30日、スタッフや関係者が集まり、会場の設営です。事務局長からの説明があり、いよいよ作業開始です。手際よくイベントホールに机と椅子が配置されていきます。ちょっとコツのいるパネルの設置は、前回の経験者がリードしながら作業をすすめていきます。3階と4階に分かれて作業も一段落したところで、食工房でぜんざいがふるまわれ、一息ついたところで作業続行。ホワイエのお店や、イベントホールのブース、3階の展示物の準備がみるみる進んでいきます。一方、食工房は、明日の準備でおおわらわ。

 翌12月1日、いよいよ「World Potluck 世界ごった煮」のスタートです。11時の開始を待って、イベントホールには続々と人が詰めかけてきます。チケットを購入される方、民族衣装体験用の衣装の写真を眺める方などいろいろです。
 オープンすると本場の味を求めてイベントホールに設置された各国のブースは、大賑わい。お昼前ということもあって、早速腹ごしらえが始まります。
 舞台のトップバッターは、長野高校の皆さんによる和太鼓の演奏です。響き渡る和太鼓の音に、続々と人が集まってきます。ダンスパワーズによるダンス、各国の皆さんによる歌、インド舞踊などたくさんの出し物が舞台で繰り広げられていきます。ホール中央に設けられたイートインスペースでは、舞台を楽しみながら、食べて飲んで、日本人も外国人もごった煮状態。楽しそうにおしゃべりをする皆さんの笑顔に準備の苦労も報われます。
 舞台のトリは、おなじみのフローレス・デュオによる素敵な歌声でした。
 最後に、島田智明市長よりイベントの成功の祝辞と感謝の言葉をいただき、今年のごった煮も無事終了しました。

 ★Stage ステージ

Flores Duo Ryu Rei

 

 

 

 

 ★Flee Market フリーマーケット

 

  

  

 

 ★Food & Drink 世界の食

  

 

  

 

 

 ★Workshops  ワークショップ

  

 

 

 ★World Costumes 民族衣装体験
      今年は衣装を着てから、ステージでもお披露目をしました。

 

  

 ★Sister City Carmel 姉妹都市カーメルの部屋
  姉妹都市提携25周年をむかえました!

 

 

 ★Young Americans ヤングアメリカンズの部屋

 




びょうき、しゅっさん、こそだて、がっこう、てつづき



年会費

■個人会員
 ・一般:2,000円
 ・学生(高校生を除く):1,000円
■高校生:無料
■家族会員  3,000円
■団体会員 10,000円

河内長野市国際交流協会

〒586−0025
河内長野市昭栄町7−1
市民交流センター(KICCS)3階
Tel: 0721-54-0002
Fax: 0721-54-0004
Mail: office@kifa-web.jp